ブログカテゴリ:英語教材



24日 6月 2014
Roots&Wings でも英語教育専用の英語絵本や教材 cd DVD ワークブック、英語教材オモチャなどを集めた私設図書を始めましたが、自宅近くの公立図書館や学校にもっと沢山英語多読用の教材が増えたら嬉しいですよね。 いつも英語多読教材などを提供して頂いているコスモピアさんが英語多読教材を置いている全国の図書館をアップしていますのでリンクを紹介します。...
19日 5月 2014
多シャドーイングにオススメ教材紹介 コスモピア営業部さんからの情報 アメリカ大統領選が近づいてきました。 【キャンペーン】5月16日~25日まで、honto電子書籍オンラインストアさんにて『音声付語学テキスト半額キャンペーン』開催中!弊社対象商品は「オバマ大統領演説」「英米リーダーの英語」「世界経済がわかるリーダーの英語」の3冊です! http://t.co/7CvBVnT2iQ
23日 2月 2014
子供の英語を始めたいなあ。どの教材がいいのかわからない。と思っている皆さん、CD付きの英語絵本ならお家で親子英語始められます。方法はこちら 『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』 http://t.co/KodVYatyCp  — 英語教育研究 仲原かおる (@nakaharakaoru) 2014, 2月 22
12日 2月 2013
「子宮頸がんワクチン」のリスクに関する英語ニュース。 ウイルスに感染する確率、そして感染して癌になる確率・・・VS 予防接種で副作用の出る確率などなどを考えると、予防接種しない方がいいんじゃないか・・・というニュースです。ウイルスに感染したら100%がん発症ってわけでもないなら、「子宮頸がんワクチン」という呼び方もどうか?とも思ったり、 これに限らず予防接種には巨額の利権がからんでいるから・・・予防接種必要という説と、副作用の方がむしろ危険という説がある。 最後は親の判断。 数字的には10万人に一人という確率でも、その一人が、一人しかいないわが子だったら、当人達にとっては100%なわけで・・・、確率なんて意味がなくなる。 今後は女の子だけじゃなくて、男の子も予防接種対象になるらしく。子どもを持つ親は考える必要のある話題ですね。 http://tv.naturalnews.com/v.asp?v=B3CC6449AC92C9B932FA221E2ACFFBDF                                                英語を勉強している親御さんも興味を持ってみられる内容ですが、ニュースなので読みも早くて医学用語もあり難しい...です。                                                                 「子宮頸がんワクチンが日本でもタダで受けられるようにされそう。このビデオはその被害者の話。日本での子宮頸がんの死亡率は3.9人/10万人当たり、ところがワクチンの副作用は20人/10万人当たり、うち重篤なものが1.7人/10万人当たり。受けた方の被害の確率の方が高い。それでも使う?」
04日 2月 2013
英語勉強中の親御さんにお勧めのバイリンガル番組です。 この番組を使って3ステップ多シャドーイングをしてみましょう。 番組を使った英語勉強法の詳細はブログの説明・上記に記載してあります。 番組名: お母さん交換 家族改造計画 放送日 現在は 水曜午後6時 内容&HP:...
03日 2月 2013
取っておけば良かったと思う資格ランキング でTOEICがダントツの一位だったそうです。...
20日 1月 2013
  英語学習者が時事英語を新聞見出し風に短くてパンチのある英語が学べると良いと思って  @CNNVideo さんの英語を訳して解説を交えてリツイーしようと思ったけど、文字数的にどうしても足りなくなるので、ブログで書く事にしました。   Bill #Clinton: Hillary will outlive me, have three more husbands. http://on.cnn.com/10xP27T...